風呂場のリフォームにはいくらかかる?

お風呂というのは、私のような風呂好きには一日の疲れを癒してくれるとっても大事な場所です。また、一人静かになれる空間でもあるので、家の中でもゆったりとくつろぐことができる数少ない場所でもあります。

そんなお風呂場、狭かったり老朽化が激しかったりしてると、くつろげるものもくつろげなくなってしまいます。

そこで考えたいのが風呂場のリフォームです。

リフォームすることで、これまでとは比べ物にならないようなとっても素晴らしい空間を手にいれることができますが、しかしながらやはりお値段も張ってしまいます。

一戸建ての平均リフォーム額が100万~120万というから驚きです。そうおいそれとは手が出るものではありません。

そんな風呂場のリフォームについて簡単にまとめてみたのでご覧ください。

お風呂のリフォームにかかる一般的な費用

長いこと住んでいると、住宅のあちこちに傷みが生じてくるものです。そんな住宅の中でも、非常に多くの人がリフォームしたい箇所に挙げているのがお風呂場なのではないでしょうか。

特に寒冷地ともなれば冬場の入浴は激しい気温差が生じることなどによって命に関わることもあり、ポカポカと温かい浴室を望む人がたくさんいます。また、年齢を重ねるごとに不安になるのが浴室にたくさんある段差です。

しかし、ここで気になってくるのが浴室のリフォームです。いったいどのくらいの費用がかかるのでしょうか。

浴室のリフォーム費用は、100~120万円というのが相場といえるようです。その内訳は主に2つあり、1つはユニットバス本体などの建材や設備にかかる費用、もう1つは設置するための工事費用です。

昔ながらの浴室といえばタイルが基本ですが、掃除もしやすく近年人気なのはパネルです。

もしも長年住んでいるお宅であれば、浴室も在来工法で作られているため、新しいものと入れ替えた上に、工事費として解体処分費用がかかることになります。

もちろん、これを機会に古くなった給湯器の入れ替えや追い炊き機能を追加したいとなれば、費用はどんどん膨らんでいくことになるでしょう。

さらに、浴室のお悩みといえば退治してもすぐにまた生えてくるしつこいカビなのではないでしょうか。

これを解決するのに人気なのが浴室換気乾燥暖房機です。しかし、もしも先に触れたような在来工法で作られた古い浴室の場合は、電気工事費や排気ダクト設置といった費用が別途必要になります。

費用がかかるのは在来工法で作られた浴室

以上のように、一般的なリフォーム費用は100~120万円ではあるものの、どのような浴室かによって費用にはかなりの差が出てくるのが現実です。

もっとも多くの費用がかかるのは長年住んでいるお宅にある、在来工法で作られた浴室ということができます。

とはいえ、冬場の凍えるような寒さや危険な段差などは、命にかかわる問題です。そのような意味から、年齢を重ねたことをきっかけに思い切ってお風呂場をリフォームしようというのが多くの人のタイミングだといって良いでしょう。

ページトップへ