男性のすね毛処理方法はどんな方法があるのか

足のすね毛の悩みは女性だけのものではありません。やはり男性でも同じように悩みはあり、特に最近では気にする男性の数も増えてきたような気がします。

冬場はそうでもないかもしれませんが、夏ともなるとハーフパンツで外出する機会も多くなります。そんな時にあまりにも濃ゆすぎるすね毛はどうしても女性の目線が気になってしまいがちです。

これまでだと、男なんだからすね毛くらいあっても当然。濃いくらいは当たり前だと思われてきましたが、もうそんな時代ではないのかもしれませんね。

そして、女性の中にはやはり濃ゆすぎるすね毛に拒否反応をしめす方は一定割合いるのも事実です。そういう方は「生理的にだめ!」という感じで最初から受け付けないようです。

好意を持った女性がすね毛に拒否反応があるとしたら、やはり何とかしたいのが人のさがというものですが、それではどのようにすね毛処理をしたらいいのでしょうか。

カミソリで剃る際の注意点

一番手っ取り早い方法は「カミソリで剃る」ということだと思います。

しかしながら、何もせずに風呂場でジョリジョリと剃り始めるのはいけません。肌を傷つけてしまうので、剃った後の見た目がすごく悪くなります。

どんな感じになるかというと、カミソリ負けの状態となり、傷ついた肌が赤くなって最悪だと血が出たりすることになります。そしてなんと、さらに毛が濃くなってしまう危険性もあるのです。

そんな最悪の状態にならないためにも、すね毛剃りを始める前にいくつか準備する必要があります。

ほとんどの場合、お風呂の際にすね毛処理をすることになると思いますが、まずは風呂につかったりシャワーで濡らしてから剃るようにしてください。

これは、シャワーなどで毛が水分を含むため、すね毛が柔らかくなって剃りやすくなるからです。

お風呂場ですね毛処理をしない場合は、濡れたタオルを電子レンジで温めてから、その温タオルを剃る場所に2分ほど当ててから剃るといいでしょう。このの方法でもすね毛は柔らかくなります。

そして、すね毛を十分に柔らかくしたら、肌の水分を拭き取ってシェービングフォームを塗ってください。
剃る時の注意点ですが、必ず毛の流れに沿って剃ってください。

ひげ剃りもそうですが、毛の流れと反対方法に剃った方がよく剃れるようなイメージがありますが、これは肌を傷める原因になります。

肌を傷めないためにも、毛の流れに沿って剃る方ことをおススメします。剃り終わったら、シャワーで流すか、または濡れタオルで拭きましょう。

アフターケアを忘れずに

すね毛処理では、剃り終わった後アフターケアも大切です。必ずアフターシェービングローションや保湿クリームを塗るようにしましょう。

剃ってそのままにしておくのは、肌の乾燥をまねいたりして炎症を起こす原因ともなります。

カミソリで剃る方法は、すね毛処理の中でもは一番手っ取り早い方法ではありますが、肌はやはり傷ついてしまいます。

そのため、少々面倒くさいかもしれませんが、必ずシェービングフォームを使って剃った後は、ローションで肌をケアするということは必ず実行してください。

それと、すね毛剃りに使ったカミソリは、忘れずに水道水で洗ってから乾燥させてください。そうしないとカミソリにばい菌が繁殖して肌トラブルの元になってしまいます。

ページトップへ