体外受精 体内受精

体内受精と体外受精の違いについてざっくりと説明してみます。

まず体内受精の方ですが、これはまず精子を取り出してから、その取り出した精子の中から、運動が活発で受精するのに適した精子を選別して受精させる方法です。

そのため、卵子を体内から取り出すことなく妊娠を促していきます。

それに対して体外受精はというと、卵子と精子の両方を体外に取り出す必要があります。その後に、受精しやすい環境で受精させてから子宮へと戻して着床させるという方法です。

多くの場合、まずは体内受精を数回行ってから、それでも妊娠できない場合に次のステップとして体外受精へと進んでいくのが一般的です。

体内受精と体外受精といっても、一般の方は言葉として聞いたことはあっても実際にどんなことをするのかはよく分からないと思います。

そのため、どちらとも同じようなイメージを持たれているようですが、体外受精と体内受精のやり方は、実際はまったく違っています。

リスクが少ないのはやはり体内受精の方ですが、その最大の理由は卵子を取り出さないことでしょう。

卵子を子宮内に残したまま精子を送り込むため、プロセス的にはナチュラルな妊娠とほとんど変わりがありません。そのため、リスクを抑えるだけでなく、手軽にできる不妊治療とも言えるでしょう。

妊娠がなかなかできない時は産婦人科を受診するわけですが、その際にまずはタイミング法というのを医師から助言されると思います。

この方法は、医師と相談しながら受精しやすいタイミングに性交を行い妊娠へとつなげるわけですが、このタイミング法でもなかなか妊娠ができなければ体内受精に移ります。

体内受精を行う回数ですが、多くの場合5~8回ほど行いますが、約9割の女性が4目ぐらいまでの体内受精で妊娠すると言われています。

それでも妊娠できなければ、今度は体外受精へと移っていくわけです。

そして、体内受精で妊娠をちょっとだけサポートすることで、約5~20%の方が妊娠するとも言われています。

ただ、この数値を見ると範囲がやや広く感じるかもしれません。けどこれは、どうしても年齢や体質、クリニックの技術的な問題で左右されますので仕方ありません。

どうしても自然妊娠が難しい方もいらっしゃいますが、体内受精に挑戦することで、これだけの割合で妊娠することができるわけなんですね。

さらには、体内受精をやっても妊娠に成功しなかった場合でも、体外受精での成功率は20~40%と言われています。

自然妊娠ではかかることのないお金はかかるかもしれませんが、挑戦する価値は十分あると思います。

晩婚化による不妊の悩み

不妊で悩むカップルのためには、不妊治療はある一定の効果を奏していることは分かりましたが、しかしながら、最近は晩婚化がすすみ、なんと6組に1組が不妊に悩んでいるというからちょっと驚きですよね。

そこで、そもそも不妊とはなんぞやと思い調べてみたのですが、日本産科婦人科学会の方で

「妊娠を望む健康な男女が避妊をしないで性交をしているにもかかわらず、1年間妊娠しないもの」

と定義されていました。

また、不妊の原因については「男性に原因がある」のが48%で、女性の場合だと、35歳を過ぎると「生涯不妊率」が30%を越えてしまいます。

そのため、いくら不妊治療の技術が発達して成功率がアップしているとしても、ある程度の年齢を越えてきたらやはり妊娠しにくいということは頭に入れておく必要もあるでしょう。

単に体内受精と体外受精の成功率だけを数値的に見ていると、誰でもいつでも妊娠できると勘違いしてしまうかもしれませんが、そういうわけではないので注意が必要です。

また、体外受精ともなると、体内受精より料金がずっと高くなるだけでなく、妊娠に対してのリスクも高くなることから、中には体外受精に進まない方もいらっしゃいます。

年齢やクリニックの技術によっても妊娠の確立は変わってきますので、妊娠を望むのであれば早めに不妊治療を行うことが必要ですし、信頼できるクリニックを選ぶことはとても重要となります。

ページトップへ