骨董品 買取 業者 価値

骨董品をどうにかして処分したいときは、専門の買取業者に相談することをおススメします。

骨董品の処分で困るのは、ほとんどの場合がその価値がどれくらいするのか分からないということです。そのため、買い取ってもらった値段が安いのか高いのかがよく分からないため、どうしてもそこで躊躇してしまうのだと思います。

それでも仕方ないから買い取ってもらおうと決心して買取業者をネットで探してみると、これはこれでたくさんありすぎて、一体どこに相談すればいいかわからなくなってしまいます。

このように、なんとも難しいのが骨董品の買い取りなのですが、どうしても緊急に買い取ってもらう必要がないのであれば、もう少し時間をかけて処分の方法を考えてみるのも一手だと思います。

骨董品は慌てて売る必要はありません

骨董品は、価値が分かる人にしかその楽しみは分からないものです。いくら高価な物でも、いらない人にはいらないのが骨董品です。

しかしながら、必要ないからと言ってすぐすぐ早々に売り払うのは、あまりいい選択ではないと思います。そのため、慌てて売るのではなく、家族などとじっくりと考えてから行動しましょう。

例えば、亡くなった両親等が大切に持っていた骨董品であれば、これから先もずっと手にしておくのも一例です。

将来的に買い取ってもらうにしても、急いてはことを仕損じるといいますから、すぐに買取を依頼するのではなくて、まずは手元に置いておきながら、いいタイミングで買い取ってもらうといいのではないでしょうか。

一番ベストな方法は、その骨董品の価値をしっかりと調べたうえで買取業者に引き取ってもらうことだと思います。

歴史的にも非常に価値があるものなら、その価値に応じた値段で買い取ってもらえればそれにこしたことはありませんが、買取業者も商売なので、できるだけ安く購入しようと査定額を低く見積もるのは当然のことです。

また、買い取り業者でなく趣味の延長などで骨董品に通じている人であったとしても、たくさんの骨董品を見るなどしてそれなりの経験を持たなければ、とてもじゃないですが正しい査定は困難ではないでしょうか。

そのためにも、いろんな方に見てもらって買取業者に査定を依頼するほうが賢明だとおもいます。

また、買取業者の商売の仕組みも少しは考える必要があります。

買取業者というのは、買い取り額を持ち主に払うわけですが、今度はそれ以上の金額で販売しなければ儲けはなくなってしまいます。そのため、市場価格よりも査定額は低くなるということは頭に入れておいた方がいいでしょう。

買取業者選びは慎重に

買取業者によって利益を考える度合いに多少の違いはあるので、その違いが査定額に現れてくるというだけで、どこの業者でも理屈は同じです。

そのため、買取業者を探す時の基準としては、買取だけを専門にしている業者なのか、それとも買取と販売の両方を行っている業者なのかをしっかりと確認して依頼しましょう。

買取専門の業者であれば、買い取った後に今度は別の業者に売らなければいけまえん。そのため、中間マージンが発生するのは当然のことです。

しかしながら、買取と販売のどちらともやっている業者であれば中間マージンが発生しませんので、業者の利益確保を計算に入れたとしても、買い取り専門の業者よりも査定額が高くなることが期待できるわけです。

そのためにも、まずはご自身が所持している骨董品にどれ程の価値があるのかを調べてみることをおすすめします。

専門的な知識がないのであれば、正しい査定はまずできませんので、まずは骨董品収集が趣味の方などに相談してみるといいでしょう。

最近は、インターネットで骨董品の査定をしてくれる業者もあり、このサービスを利用すればわざわざ自分から出向く必要もありません。ただやることは、骨董品の画像を送ることだけです。

他には、自宅まで買い取りに来てくれる業者もあります。

最後になりますが、骨董品を審査する際に大切なことは、描かれている文様や作者のポイントとなるマークなどを確認することだと一般的に時には言われています。

それらを確認することでその作品が作られた時代を確定できるので、それによって価値も大きく変わってきます。

業者に依頼する前に、そのあたりだけでも予備知識としてインターネットなどで情報を集めておくことをおススメします。

ページトップへ