気ままにダイエット?覚えておくと便利!ダイエットスープの作り方

脂肪燃焼効果が期待できるダイエットスープの魅力についてご紹介しています。

ダイエットスープといっても色んなメニューがあると思いますが、基本的に野菜中心のスープです。スープにすることで生野菜のままでは食べることのできない量を摂ることができます。

野菜をたっぷり摂ると腸内の食物繊維が増えて腸内環境が改善されいきます。腸内環境がよくなると、多くの女性には嬉しい便秘解消の効果が期待できます。

これ以外にも、血液サラサラ効果もあるので、血行が改善して代謝もアップしてきます。代謝がアップすることで、それだけでもダイエット効果が期待できるわけです。

このように、ダイエットスープには身体の中からキレイになるという効果があるので、免疫力も上がって病気になりにくい身体作りにもつながります。

材料の選び方

ダイエットスープに加える材料には意味があるのをご存知でしたか?

基本的に低糖質で高たんぱくであること。水ではなくしっかりと満腹感を得られるスープであること。栄養分がしっかりと摂れること。体温を上げる食品を使用することが挙げられます。低糖質はダイエットの御約束で、糖質は避けたいものです。そして体温を上げることは代謝を促します。

実はダイエットにとって注意しなければならない点が、栄養素をきちんと摂る事です。栄養が足りないとダイエットをしていても痩せません。

理由はビタミンやミネラルが体内で燃焼するのに必要だからです。

ビタミンやミネラルが不足していると代謝がきちんと行われず痩せる事ができません。それで高タンパクでなるべく糖分を摂らないで、ダイエットに備えるのです。

タンパク質は、アミノ酸スコアで値が高いものを選べば効率が上がります。これで代謝は上がり脂肪が燃焼しやすいはずです。

生姜入りささみ肉のダイエットスープの作り方

材料

コンソメの素、キャベツ、玉ねぎ、ピーマン、セロリ、トマト、ささみ、にんじん、生姜

ささみのアミノ酸スコアは一番高い100で、生姜が身体を温め脂肪燃焼に一役買います。また、キャベツは食物繊維を含みビタミンUを含むので、胃の粘膜を修復する作用があります。

玉ねぎは「硫化アリル」を含んでいますので、血液をサラサラにし、コレステロールを増加させません。ピーマンはカプシエイトという燃焼成分を含んでいて脂肪燃焼します。

セロリはビタミン類やミネラル、食物繊維を多く含んでいます。トマトはリコピンを含むので抗酸化作用があるのと、βカロテンも含んで抵抗力を上げ免疫を強くしてくれるでしょう。

にんじんもβカロテンを含みビタミンB1、B2、鉄分、カルシウムもあるのでミネラル成分を補給できます。

作り方

具を食べやすく切り、生姜以外を鍋に入れます。次に水とコンソメをお好みの量に入れましょう。最後にささみを入れ、煮立てたら火を消します。

アレンジとして、この他に中華だしに鰹節や昆布を入れても良いですね。

スープは水分も補給できるので、ダイエットに都合が良いです。水分は代謝を上げて脂肪を燃焼しますし、老廃物の排泄がスムースになります。

また、身体が水不足だとむくんでしまいますので、水分を摂るとむくみが軽減されます。

ページトップへ