ホワイトニングは自宅で行うと費用対効果あり

自宅でも簡単にできるホームホワイトニングが話題を呼んでいるようです。

以前は限られた歯科医院でしかできなかった歯のホワイトニングもようやく自宅でもできるようになってきましたが、海外ではもうずっと前から自宅でのホワイトニングは行われてきました。

ホームホワイトニングでは、ホワイトニング効果の高い歯磨き粉やジェルなどを使ってホワイトニングしていくわけですが、誰でも簡単に始めることができるのが特徴です。

費用面でも安心できるのが嬉しいところで、歯科医院のように高くないので、お財布に優しいホワイトニングができるみたいですね。

そんなホームホワイトニングについて、メモしてみたのでご覧ください。

ホワイトニングの通院する時間がない人は?

歯の色を何とかしたいと思っているのに時間が無いという人も自宅でのケアが可能です。

マウスピースを作る事が必要ですが、その際は「オーダー」して「受け取る」の2度の受診後、家庭できます。この方法だと空いた時間にできるので楽ですよね。

海外のジェルを使用し、溶剤の濃度により頻度を決めます。頻度は歯科医の指示により決まり、知覚過敏がなければ溶剤を濃くすることも可能です。

溶剤の種類は歯科医院の施術と同じで「ズーム」「オパールエッセンス」「ビヨンド」「ルマホワイト」「ポリリンプラチナ」等で、比較すると溶剤の濃度はかなり低めです。

ホームホワイトニングの料金

料金は歯科医院の施術より安価で、一般歯科医より専門歯科医の方が安価です。

費用対効果を見てみると、自宅でのケアに軍配が上がりますね。在宅でのケアは薬剤が低濃度であるため結果を出すのに時間がかかるのですが、長持ちの観点から考えると白さを維持できるのはホームホワイトニングです。

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法は、もちろん完璧です。一般的には歯の見本で3段階白くするのに2週間かかる感じです。

ホームホワイトニングの注意点

ケア後は色が入りやすいので、24時間は色のついた飲食物は取らないようにしましょう。また、在宅でケアする場合で色むらを作らないためには、事前に歯磨きをきちんとする必要があります。

歯の形は個人差があり、自分でないとどこに歯石が溜まりやすいのか分かりません。溜まりやすいところを中心に食べかすを取り除き、歯石を丁寧にブラシで取っていきます。

歯間ブラシや磨き残し用のブラシ、デンタルフロスを利用し付着物ゼロの状態でケアを行いましょう。

しっかりと歯磨きをしたら、マウスピースにジェルを米粒位の大きさで、歯一本ずつに置いて行きます。マウスピースの内側に乗せると歯の裏まで白くする事も可能です。

ジェルを伸ばした後にマウスピースを上下ともに装着しますが、この際に鏡を見ながら行うと良いでしょう。

濃度によって放置時間が違いますので、用法を守ってそのままキープしてください。最後にマウスピースをとり、よく口をすすぎます。

ページトップへ