ブロックチェーンは仮想通貨の事。不正のないブロックだけ繋がる事ができる台帳

仮想通貨と聞くとビットコインが頭に浮かぶかもしれませんが、仮想通貨は1つだけではなくて、実に数百種もの仮想通貨が現在は流通しているのです。

また、日本ではまだまだ数は少ないですが、海外では通常の通貨と同じように仮想通貨を使えるお店も増えてきました。

少しずつでではありますが、その認知度が広がりつつある仮想通貨の1つであるブロックチェーンについて、簡単にまとめてみましたのでご覧ください。

ブロックチェーンとは?

お金の融通をしあう事を金融と呼び、その金融とテクノロジーが結びついたものをフィンテックと呼びます。

ファイナンスとテクノロジーが一緒に機能する事ですね。そのフィンテックに仮想通貨があり、仮想通貨にはブロックチェーンと呼ばれる管理台帳が必ず装備されています。

仮想通貨の世界は金融の一部ではありますが、金融とは違う側面があり、一切現実の貨幣や硬貨は存在しません。つまり、プログラミングで成り立った世界が仮想通貨の世界だと言い換えることができます。

ビットコインもブロックチェーン

仮想通貨の代表であるビットコインには、ブロックチェーンというプログラミングされた台帳が備えられています。

その台帳にはビットコインの取引であるトランザクションを記録しており、誰にでも見えるという特有の世界です。

つまりビットコインを保有する事はブロックチェーンとも関わっていると言う事となり、中央集権的にだれかが管理するのではなく、ビットコインをもつそれぞれの人がお互いのトランザクションを知る事ができるので、悪用する事ができません。

それで個別管理台帳と呼ばれるのです。

ブロックチェーンの種類は二通り

ブロックチェーンにはパブリック型とプライベート型と2つの種類があります。

パブリック型は中央集権的な管理者はもたず同じコインをもった人同士が管理しあいます。プライベート型はその通貨を持った人達だけの中で管理者を設け、管理者が許可する事でアクションを起こすことが可能です。

ブロックチェーンは派生して新たな仮想通貨を作り出すことができるので、どちらかの方法を選ぶのです。

パブリック型の分散台帳を持つような場合には、いくつかのメリットがあります。メンバーのパソコンを少しずつ使いあってそのシステムを支えています。

メンバーの台帳を見張り合いながらそのブロックチェーンを支えているのです。一カ所のブロックが壊れたとしても、メンバーで支え合っているので問題は起こりません。

通貨を買ったり、マイニングという方法で通貨を獲得してブロックを監視し合うのですが、チェーンに繋がるためにはブロック内部のトランザクションが正しいかどうか調べる必要があります。

不正をしていないブロックのみチェーンに繋がることができるのです。

ページトップへ