ビットコインを売買するには円が使える日本の販売所や取引所で購入しよう!

このページでは、ビットコインの取引や売買をやってみようかなーと考えている方へ、ビットコインの売買についてとっても簡単に解説しています。

ビットコインの売買には、まずは自分用のアカウントを開設する必要がありますが、iPhoneやアンドロイドなど、メールアドレスさえあればスマホからでも5分程度で簡単に無料登録が可能です。

なので、まずは自分のアカウントを開設する作業から始めてみましょう。

ビットコインはこれから伸びしろがある市場だと言われています。「ビットコインは難しくてよくわからない」という方も多いみたいですが、やっている方からすると、株式や投資信託などより手軽に始められるみたいです。

このように、ビットコインは新しいタイプの資産運用方法として、これからもますます市場は拡大していくとおもいます。

ビットコインとは?

このコインは、円やドルと同様に貨幣の価値を持つものとして誕生しました。しかし、日本ではまだそれほど知名度がありません。

海外では貨幣のように使われている国、ATMまである国もあります。国境を超えて流通していますが、一般的な貨幣との違いは紙幣やコインが存在しない事です。

別名「仮想通貨」と呼ばれているのは、実際には紙幣やコインが存在しないからです。

スマホやパソコンに親しんでいる人には受け入れやすいかもしれませんが、全て画面上の数字だけが、存在している証拠となります。

ビットコインのお財布は?

ビットコインが代表する仮想通貨はオンライン上でのやり取りをするだけなので、何らかの手段で保有する事になります。

その財布となるのがウォレットで、パソコン上やスマホのアプリに保存する事になります。ただ、端末が故障した際にも安全に保有できる様に、保存方法は手段を講じる必要があるでしょう。

ビットコインを売買するには

コインは世界中で安全に流通し、生活の中で使えるようにする事を目指して作られています。日本では売買するにはまだまだ発展途上です。

時折ハッカーの工作で仮想通貨が流出する事件が起こっています。

入手方法は円を仮想通貨に両替する必要があります。両替を行うのは、販売所や取引所です。日本にも円からビットコインに両替するところがあります。

また、取引所では、ビットコインを取引したい人が自分のコインを「○○円で売る」という感じで意思表示をしているので、自分の希望の相手と取引することも可能です。

販売所では、その組織を運営する企業が決定した相場でコインを手に入れることになるでしょう。往々にして取引所の言い値の方が安い傾向になります。

ビットコインは仮想通貨の中の基軸通貨です。その他のコインをアルトコインと呼び、最近耳にする「ブロックチェーン」の機能をつけた仮想通貨も多く見られるようになりました。

どの通貨もプログラミングされて通貨となり、機能が働かない通貨は自然に淘汰されています。

現在日本の取引所、販売所でも複数の通貨を得ることができますが、ビットコインを買っておくことが最初の一歩です。ビットコインがないと他の仮想通貨が買えない事もあります。

ページトップへ