中国のおもちゃは粗悪なだけ?

中国のおもちゃはと言うと、テレビでも見られるように「パクリモノ」しかないイメージしか私にはありませんが、中には人気のおもちゃもあるようですね。

けど、この記事を書く前にネイバーまとめを見てみると、馬のおもちゃを分解すると人形の首から上の部分が入っていて、人形の髪の毛が馬のしっぽの毛に使われてたのを見た時にはあまりにもふざけすぎていて笑ってしまいました。

そんな現状だけに、中国製品と聞いただけで粗悪品というイメージが真っ先に頭に浮かんできます。そんな中国のおもちゃについて今日は調べてみましたのでご覧ください。

メイドインチャイナの現実

おもちゃの裏側にメイドインチャイナと書かれてあるだけで、どこか低く見てしまいがちではないでしょうか。実際、デザインなど見た目が今ひとつというだけでなく、遊んでいるとすぐに壊れ、しかも破片が子供の目に入ってしまうなどという事件がニュースになったものも少なくありません。

つまようじボウガンなどがその代表的なものでしょう。値段が非常に安いのはうれしいことに違いないものの、残念ながら、粗悪なだけでなく危険を伴うものもたくさん出回っているのが中国のおもちゃ業界なのです。

安くて楽しいスクラッチアート

とはいうものの、中国製の商品にもそれほど悪くないものはあります。例えば、お絵かきは最近では大人の間でも人気を集めていますが、子供向けのお絵かきアイテムとして中国で人気なのがスクラッチアートです。

黒の台紙を木の棒で削ることでお絵かきをするのですが、手軽に遊べる上に10枚で200円もしなと値段も安いことから子供からもママからも人気を集めています。黒の台紙を削るといっても決して単色なわけではなく、カラフルにお絵かきが楽しめることが魅力です。

粘土遊びも楽しい

また、粘土遊びは、小学校の授業でも取り上げられていることから中国では人気の遊び事です。カラフル粘土というのは、文房具屋さんに行けばたいていは置いてある定番おもちゃで、時間が経っても固まらないことから何度でも遊べることが魅力といえるのでしょう。カラーは12色組、24色組などが揃っています。

女の子なら手作りのヘアアクセサリー

オシャレに気を遣う女の子なら、ヘアアクセサリー作成キットというのもおすすめです。カチューシャやゴム、ピンを、グルーガンを使って思い通りのアクセサリーに仕上げられます。作る過程が楽しいというのはもちろんのこと、手作りのアクセサリーを自分の髪につけて飾れるという女の子にしか味わえないオシャレなおもちゃです。

急成長している中国のおもちゃ業界

ひと昔前であれば、おもちゃは労働力が安価な中国で生産して世界各国で売るというのが定番だったものですが、現在は様変わりしています。今は、生産するだけではなく消費もしており、アメリカに次いで世界第2位の消費市場となっています。

ページトップへ