ジニエブラ 比較

着心地が楽なことで人気の高いジニエブラですが、夏場だと暑く感じる方も多いようです。

口コミなんかを見ても、普通タイプのジニエブラ(日本正規品)は夏に向かないと感じているというような書きこみがあります。

その理由はジニエブラの素材にあります。

ジニエブラは素材の90パーセントがナイロンでできているため、綿100パーセントに比べるとどうしても暑く感じてしまうわけです。

ナイロンには、シワになりにくいだけでなくすぐに乾くという便利な特徴があるのですが、暑さにはやはり対応できないのが難点です。

とはいっても、着心地が楽なのがジニエブラのいいところなので、できれば夏でも着けていたいと思う方も多いようです。

そんな方におススメなのが「ジニエブラエアー」です。ジニエブラエアーは、暑さ対策を考えたブラなので、きっと満足できると思います。

普通のジニエブラとの違いですが、まずは生地の厚みでしょう。

普通のジニエブラも決して厚い生地ではないのですが、ジニエブラエアーはさらに薄くなっています。

さらにはその通気性にも注目です。エアーの方は、普通のタイプより2.9倍も通気性が良くなっているんですね。

夏場にバスト部分が蒸れたときのいやーな感じは女性にしか分からない悩みですが、ジニエブラエアーなら、暑い日でも着け心地がさらっとして気持ちいいんだそうです。

それで、エアーの通気性の秘密なんですが、生地がメッシュ状になっているからなんですね。

当然のことながら、ぱっと見ただけではメッシュになっている事は分からないのですが、ショップで実際に生地を伸ばして確かめてください。そうすると、メッシュ状になっているのが分かると思います。

また、パッド自体にも小さな空気穴が全体的に開いているため、パッドを付けたとしても通気性が悪くならないのも嬉しいところです。

このように、通気性がよくなって暑さ対策もオッケーのエアーなんですが、個人によってはバストのホールド感に不安な方もいらっしゃるようです。

普通のジニエブラの方が、エアーよりも生地が厚い分、バストのホールド感もしっかりしているように感じるみたいですね。

けどやっぱり暑がりの方には、夏のブラはジニエブラエアーの方が向いてるように思います。

最後になりますが、ジニエブラやジニエブラエアーを購入した後のお手入れ方法について簡単にご説明します。

まずは洗濯の仕方ですが、基本的に夏場は汗をかくので毎日洗ってください。

それでジニエブラの洗い方ですが、必ずブラ用洗濯ネットに入れてから洗うようにしましょう。洗濯コースも一番弱めのコースで洗って、脱水も短めにしてください。

次に干し方ですが、洋服を干すときのようにハンガーにかけるのは、肩ひもの部分が伸びてしまう原因となるのでやめた方がいいです。

洗濯ハンガーのピンチで、ジニエブラの裾の方を2か所挟んでから、肩ひもが下に来るように干してください。

アイロンをかける方はいないと思いますが、せっかくの伸縮性のある生地が台無しになってしうので絶対にかけないでください。

乾きが速いのがジニエブラの特徴です。干したまま放置せずに、乾いたらすぐにハンガーから取り外しましょう。

ページトップへ