釣り具 初心者 持ち物

釣りを始める時には、基本的に釣り竿とリールのセットが必要になります。渓流釣りでは竿とテグスがあれば大丈夫ですが、釣り場や狙う魚によって釣り具は変わってきます。

また、初心者のうちから高価な釣り具は必要ありません。釣りを続けられると感じてから本格的な釣り具を揃えるといいでしょう。

家族での岸壁からのアジ釣りなんかには、初心者向けの釣り具セットがおススメです。安価なのに、必要な釣り具が一通り揃っています。

どんなものが入っているのか、釣具店で確認してみるといいでしょう。

釣りを始める

釣りを始めてみようと思っているのであれば、手始めに何が必要になるのか、釣りをするための持ち物をそろえない事には始まりません。

ビギナーであれば、それなりの釣り具セットを手に入れておけば、持ち物が一そろい整うので、それのみでも大丈夫でしょう。

もちろん、釣り具にはいくつものバリエーションがあるので、釣具店にいっても初心者にはさっぱりわからないものばかりでしょう。

とりあえずは、先輩や釣具店の店員さんにでも相談しながら必要なモノをセレクトして購入してみるといいでしょう。

また、海釣りと川釣りとでは、同じ魚でも釣り具は違ってきます。また、いきなり最初から大物狙いもないですが、釣り具の良し悪しというのも結果には関係してきます。

だからといって、そんなに高額な釣り具セットを手に入れる必要もないのですが、あんまり安い商品もおすすめできません。

なので、購入しやすい値段を見定めておいた方が良いでしょう。

釣り具セットには、それなりに仕掛けや道具が入っていますが、その中身を何もかも使うかというとそうでもありません。

けれど、必要はないとしても、いろんな機会で助けになりますから、トータルとしては対費用効果が高いと思って大丈夫です。

セットを手に入れない場合でも、必ず入用になるものがあります。当然ですが、釣竿とリール、釣り針などです。

そして、釣りの場所それぞれによって必要な釣り具は異なります。初心者を通り越して、腕があがったということであれば新しい釣り具を選んでください。

そのころになれば、持ち物になにが必要で何が不要であるのかは理解しているでしょう。

釣りは楽しいものですが、生き物をターゲットにしているため、考えてもいなかったことが発生します。

また、海釣りではあまり危険なところでは釣らないようにする必要があります。自分のレベルにマッチした釣り場選びも重要だと言えます。

また、岸壁などで釣りをしている人もたくさん見られますが、隣の人に嫌な思いをさせないようにすることを意識しましょう。

初心者とは言うものの、何もかもがまかり通るということにはなりません。必要最小限のマナーについて、事前にインターネットなどで調べておいた方が良いでしょう。

もちろん、それほど難しいことではありません。常識的なことなので、知識としてインプットしておくだけで大丈夫です。

釣りを楽しむにも、柔らかな太陽の光の下で、くつろいだ気分で釣り糸を垂れるのが釣りだと考えている人もいらっしゃいますが、アグレッシブに海釣りを楽しむ人もいらっしゃいます。

どういった釣りが楽しいのかは人によって違いますが、まずは堤防などの釣りから始めてみるといいでしょう。

また、ほとんどの釣り人は自分の釣りの釣果を家に持って帰って、家族に味わってもらいたいと考えるものです。

そのためにも、釣り具選びが重要なポイントなのです。

魚のサイズにあった釣り針じゃないと魚は釣れませんし、こうした基本的なことから学んでいきましょう。

初心者の釣り具と持ち物

釣りを始めたばかりのビギナーには、釣り具としてどういったものが必要になってくるのかイマイチわからないと思います。

知人や職場の同僚などから釣りに誘われても、差し当たってどんな釣り具を用意すればいいのか…。

当然、釣りをしたことなければ釣り具は持ってないのでどうしようもありません。

ですが、心配は無用です。

釣具店には、初心者に適した釣り具セットがちゃんと売られているので、まずはそういったものから調達してみてはいかがでしょうか。

当然のことですが、釣りをする場所やお目当てとする魚の種類によって、釣り具は異なってきます。

なので、釣りに誘われた場合は、どんな釣り場なのかをきちんと聞いておく必要があります。

さらに、その釣り場ではどんな魚が釣れるのかも把握する必要があります。でないと、釣具店に行って店員さんに聞いたとしても、本当に必要な釣り具が分からないからです。

釣り具にかなりの種類があるのですが、それは魚の種類によってそれぞれが対応しようとするためです。

また、魚の体長が異なれば、使用する釣り針や糸もそれに合わせて違うので注意が必要です。

小さな魚に大きな釣り針は無用なように、魚にあった道具でないと釣果を手にすることなどできないでしょう。

ですが、初心者にはその違いも分からないと思うので、いろいろな魚釣りにあうように一通りの釣り具が入った釣り具セットが売られているわけなんですね。

セットの中身を見ると、まるっきり使わないような釣り具もあるかもしれませんが、セットで購入した方が価格も抑えられることが多いです。

釣りが面白いくなってくると、ほかの釣り場を探索したり、さらにスケールの大きい魚を釣ってみたくなってくることだと思います。

そうなってくると、今度は新しい釣り具を手にすることということになります。

また、釣りの腕が上がってくると、釣り具もそれにアジャストして高額の道具を手に入れたくなると思います。

あと、お子さんがいるパパなら、子どもと一緒に釣りを楽しみたいことでしょう。

自分も初心者なら、子供と一緒になって考えながら釣りを楽しんでみるのもいいと思います。

釣果だけを求めるというのではなく、釣りの楽しさを教えることができればグッドなことです。

今ではあまり見かけませんが、小さな川で釣りをするだけだったら釣り具は限定できます。なので、釣具店で専用の道具を購入してみるというのもできます。

今は、わからないことはインターネットで調べることもできるのでとても便利です。わざわざ釣具店に聞きに行かなくてもネットで注文することもできますしね。

現代の子供は、スマートフォンばっかりいじくっていて、外で遊ぶことがあまりなくなってきたので、どうにかして外に連れ出したいと望まれてい方も少なくないはずです。

釣りは難しくないので、釣りに誘ってみてください。初心者向けの釣り場をチョイスすれば大丈夫です。

そして、釣り具もそれに合わせておけば、何がしかの釣果が期待できるでしょう。

もし、うまく釣れなかったとしても、釣りの楽しさは十分実感できるでしょうし、釣りが楽しみになることでしょう。

初心者の釣り具セット

ビギナーのために、釣具店では一通り道具がセットされた「釣り具セット」が市販されています。ここではその内容を案内していきましょう。

確かに、それだけですべての釣り具がそろうということにはなりませんが、釣りを始めたばかりの初心者が楽しむことが可能なレベルの釣りはできるでしょう。

釣り具をザックリと分けると、大きいものが釣竿とリールです。そして、これとは他に釣り針やテグス類のライン、磯釣りなんかの浮きといった消耗品がセットされています。

そして、こういったものが全部収納できるケースに入って販売されています。

釣り具には、釣竿のように一つあれば、オールマイティーにそれ相当の状況に活かせる持ち物もあるのですが、これとは違って釣り糸や釣り針は使い捨てです。

なので、これらの消耗品は、必要になった時や釣る魚が変わった時に不足している分を買うことになります。

その時に、どういう種類の釣り針を選ぶかを考えるのも釣りの楽しみの一つでもあります。

また、釣り具セットの内容は、大人だけではなくてお子さんでも楽しむことができるようになっています。なので、家族で釣りを楽しみたい方にも人気の商品でもあります。

だいたいの価格は5千円前後ですから、手軽に購入することができるでしょう。

このように、釣り具セットというのは入門用として初心者に向けて作られているので、ベテランの釣り人からすれば物足りないものでもあるし、これとは逆に余計な道具まで入っているようにに思えるでしょう。

けど、いろんな釣りを楽しめるように販売されているのが釣り具セットなので、こればっかりは仕方ありません。

腕が上がって釣り具を自分で選べるようになれば、初心者向けの釣り具セットではなく、釣竿やリールなどを釣りに合わせて1個1個必要なものを選択すればいいでしょう。

釣竿については、釣り場によって欲しい長さに違いが出てきますが、釣り具セットに入っている釣竿だけでもいろいろな釣り場に適応できると思います。

ルアーというのは疑似餌のことで、魚が餌と間違って食いつくことで魚を釣ることができます。

また、ルアーだけで釣る魚と、餌をつけて釣る魚とがいるのですが、その違いは釣りをしている人には当たり前かもしれませんが、初心者にはその区別はつけにくいかもしれません。

そこで、釣りを始めるときは、釣り具セットだけではなくて簡単なガイドブックも一緒に購入してみるのもおすすめです。

釣りは海でも川でも楽しめますが、海が近くにあれば海釣りを楽しみたいと思うでしょうし、川が近くにあれば川釣りもいいと思います。

けれど、海と川ではそれぞれの釣り場で釣れる魚は違ってくるので、仕掛けも当然違ってきます。どんなものが必要かは覚えておかなければなりません。

釣り針にもいくつもの種類があるので、それぞれの違いを知ることも釣りを楽しむポイントでもあります。

初心者の釣りの楽しみ

釣りの何が魅力的かというと、それはやはり釣竿に魚がかかった時のあの手ごたえだと思います。

釣り人にとって、誰が何と言おうとあの魚とのやり取りは、他のどの楽しみよりも夢中になるものだと思います。

ただ、これまで釣りをしてきてそんな経験をもっていればそんな楽しみも分かるものですが、初心者は何一つ経験がない状態ですから、初めての釣行で釣りを楽しむ余裕なんてものはないかもしれないですね。

そうした場合には、釣果ばかりを目的とするのではなく、海にきてたという解放感など、釣りに来たことを楽しくするようにした方がいいでしょう。

磯場であれば、岩についている貝をとったりと、楽しみ方はいろいろです。

あと、釣りを始めるには、まずは釣り具を揃えないといけないのですが、釣れる魚をイメージしながら釣り具を揃える時間もとても楽しいものです。

それでこの釣り具ですが、釣り場や目的とする魚によってそれぞれ仕掛けが変わるのですが、一度に専門的な道具をそろえることはおススメできません。

初心者であれば、まずは初心者向けの釣り具セットを購入するようにしましょう。これさえ買っておけば、子どもから大人まで、釣りの初心者であれば十分カバーできると思います。

専門的な釣り具や、高級な釣り具もとうぜん数多くありますが、初心者がいきなりそんなものを買ったとしても無駄になるばかりです。

釣り具セットの場合は、オールマイティに対応できるようにしているため、限定した釣りでは不要なものが入っていますが、まずは、最低限度の釣り具だけを買っておく方が安くて済みます。

ある程度のレベルに達していなければ、専門的な道具を購入するのは控えて大丈夫です。

また、インターネットで釣りの楽しみ方などが説明されているので、そんなのもチェックしておきましょう。

次に天候です。釣りは屋外で行うレジャーなので、常に天候に左右されます。

風邪をひいたりして体調がすぐれないときはつらいものなので、体調を整えて釣行することを心がけましょう。また、女性だと強い陽射しによる紫外線対策も必要です。

屋外では季節を実感することができますが、何時間もいるにはある程度の装備がないといけません。釣り具だけではなく、暑さ寒さ対策が肝心だと言えます。

そして、初心者のうちはそれほど長時間の釣りは体力的に耐えられませんから、早めに切り上げるほうがいいと思います。

このようにして、ある程度道具を揃えるわけですが、釣りにはこれ以外にマナーも大切です。

初心者の海での釣りと言えば、定番は波止場の岸壁に腰を下ろしてのサビキ釣りなんかだと思いますが、先に釣りを始めている方がいたら、邪魔をしないよう気を付けましょう。

もちろん岸壁は誰のものでもないのですが、自分より先に来て釣りを始めている人の妨げとならないように気を付けるのは釣り人のマナーです。

あと、釣りには餌も必要ですが、ルアーといった疑似餌を使うことで、餌の付け替えをせずに釣りをすることも可能です。

しかしながら、ルアーを操るテクニックが必要になるので、釣行前にインターネットなどでチェックしておくことをおすすめします。

予習をしておくことによって楽しみが増加するのです。

このように、一口に釣りと言っても、いろいろなハウツーがあります。なので、初めて釣りに行く場合は、どのような場所でどんな釣りをするのかチェックして釣りに行くようにしましょう。

ページトップへ