仏壇を買う時には、置き場所や向きについても知っておきたい

身近な人が亡くなると実にさまざまなことをしなくてはならなくなりますが、仏壇の用意もその内の一つです。

しかも、どれを選ぶか迷う上にどこに置くかを検討しなければなりません。ひと昔前なら各家庭にたいていあった仏間に置けばよかったのですが、近年はそうした部屋がないため、どこに置いてどんな向きにするのかをしっかり考えなければならないのです。

どちらに向けるかはさまざまな説がある

置き場所については、人によって考えは異なるものの、たいていは家族が良くいる部屋に仏壇が置かれます。

しかし、向きとなるとさまざまな説があるのに驚くかもしれません。例えば、本山中心説(ほんざんちゅうしんせつ)という考えがあります。

これは、信仰する宗派の総本山に向かって拝むことのできる位置に仏壇を置くというものです。そのため、本山や住む場所によって、東西南北どの方向にもなり得るということになります。真言宗の場合はこの考えに乗っ取って向きを決めます。

また、西方浄土説(さいほうじょうどせつ)という、西方にあるとされる極楽浄土に礼拝するという考えもあります。このことから、浄土真宗、浄土宗、天台宗はこの考えに乗っ取って東向きに設置することになります。

さらに、南面北座説(なんめんほくざせつ)というのは、字のごとく南に面するように(北を背にして)仏壇を置くという考えもあります。

この置き方をすると直射日光が当たらず、風通しも良い場所ということになり、仏壇が繊細な細工を施した工芸品でもあることから非常に良い設置場所ということができます。

また、説法するお釈迦さまがいつも南向きに座っていたことから、曹洞宗や臨済宗ではこの考えに乗っ取って設置します。

このようにさまざまな説があるわけですが、もう一つ気をつけたいのがご本尊の高さについてです。

最近は、コンパクトタイプなどさまざまなものが出回っていますが、棚に置くような小さなタイプのものなどは特にご本尊が目線よりも下にならないように注意しなければなりません。

ただし、これは座った時の位置であり、立ってお参りするのであればご本尊は胸よりも高い位置にあるのが理想的です。ご本尊は決して見下ろしていけないので、くれぐれも注意しましょう。

ページトップへ