肌 アンチエイジング いつから

肌対策のためのアンチエイジングは、いつ頃から行えばいいのでしょうか?

美肌成分である「エストロゲン」は、20歳から少しずつ減りはじめて35歳から急激に減っていくと言われています。

そのため、高価なアンチエイジング商品を使った肌ケアを始めるのはこの頃からで十分でしょう。

当然ですが、この年齢になれば多くの方が肌の老化を意識し始めてくるものです。そのため、肌年齢を意識し始めたこの時から始めればいいと思います。

心配しなくてもそれで遅すぎると言うことはありません。若い頃と比べて、お肌の状態の違いに気付いた時からすぐに始めれば大丈夫です。

けれど、だからといって肌の衰えを感じるまで何もしなくていいわけではありません。

年齢を重ねてもきれいな状態の肌を維持したいのであれば、肌をぼろぼろにせずに若いうちから「きれいなお肌の状態」をキープし続けることが必要です。

なぜなら、肌がぼろぼろになって悩みを抱えるよりも「ある程度きれいな状態」から美肌ケアを行うことがアンチエイジングに最良の方法だからです。

ただし、肌がぼろぼろになってしまった方もあわてることはありません。少しずつでいいので、丁寧なケアを行っていけば肌は必ずよみがえります。

なぜなら、ターンオーバーによってお肌は28日サイクルで常に生まれ変わっているからです。

けれどこれも、若いうちから色んなケア用品を使って肌を甘やかしてしまうことで、自分で肌を再生しようとする力が弱くなってしまうとのこと。

そういうことからも、若いときはなるべくケア用品を使わない方がいいという意見も多く聞かれます。

若い間はまずはきちんと洗顔して、UVケアと規則正しい生活を送ることの方が大切です。それだけで十分肌の老化を予防できるはずです。

おすすめの記事