アロマレシピ

冬場になると、手が冷たくなったり乾燥をしてひび割れを起こすというのが悩みのタネですよね。

手が荒れるとホントにつらいものですし、ひび割れが起きると痛くて仕方がありません。けれど。奥さまにとっては水仕事は避けられないところがあります。

そんなときはにおすすめなのが手浴です。特に手を酷使しているのであれば、たまにはいやしてあげてください。

この手浴にアロマを使うと、手浴効果もよりアップします。そこで今回は、簡単な手のケアをするためのアロマのレシピについてご紹介をしましょう。

用意するものは、はちみつとジンジャーだけです。洗面器でもボウルでも何でもかまいません。蜂蜜を大さじ1杯入れることができるような容器を用意しましょう。

そこに、はちみつを入れます。さらに、ジンジャーのエッセンシャルオイルを2滴程度入れます。そして両者をよくかき混ぜれば、手浴のためのアロマオイルに出来上がりです。

どんなに忙しくても、これだと手軽にできますよね。そして、これだけでオリジナルのアロマエッセンスということができるかもしれません。

このアロマの中に手を入れると、手はもちろん温かくなります。そして、身体全体もぽかぽかしてきます。

寒さのこたえる時期に行うと、身体を芯から温めることができる優れ物のアロマオイルということができるでしょう。

おすすめの記事