カニ 通販

今年もいよいよカニのおいしい季節がいよいよやってきました。冬の味覚の王様といえばやっぱりカニですよね。

今ではネット通販のおかげで、どこに住んでいても誰でも簡単に美味しいカニを手に入れることができるとっても便利な時代になりました。

けれど、いざ購入しようと思っても、ネット通販で扱っているカニが多すぎてどれを選んでいいのか悩んでしまいますよね。

そこで今回の記事では、買って失敗しなためのカニの選び方を解説しながら、カニの聖地北海道から直送の信頼できるネット通販業者をランキング形式でご紹介していきます。

是非ともあなたのカニ選びの参考にしていただいて、美味しいカニをゲットしてください。

カニをお取り寄せする際に気を付けたいポイント

カニのネット通販は、低価格で高品質だけでなくそのお手軽も人気の理由ですが、ごくまれに品質の悪いカニが送られてくることもあるようです。

そんな粗悪品のカニで失敗しないためにも、カニ通販を利用する際に気を付けたいポイントをご紹介します。

サイズと重さのバランスが重要!

カニのサイズと重量はきちんと確認しましょう。これとっても大切です。いくら大きくても、重量がなければ中身はスカスカのカニです。

カニにはサイズと重量のバランスがあるので、これらがキッチリ分かる通販サイトのカニを購入するようにしましょう。

商品説明をしっかりチェック!

かに本舗

カニ通販サイトのほとんどで「身が詰まっています!」という「うたい文句」が書かれていますが、その言葉に惑わされてはいけません。

商品説明をきちんとチェックして、購入するカニの重量や産地が明確に記載されているサイトから購入しましょう。

逆に、これらが記載されていない通販サイトほど怪しいものはありません。いくら安いからといっても、そのようなサイトからの購入は控えることを強くおすすめします。

入り数の少ないカニを選ぶ

カニの重量とも関係しますが、1㎏で3肩のカニと1㎏で1肩のカニとでは、1肩当たりの身の詰まりや太さが断然違うので、食べ応えにも差が出るのは当然のこと。

そして、カニには殻や足先のように食べられない部分や過食部の少ない箇所があります。中には、可食部の少ない脚を足して重量加算している業者もいます。

重量に対するカニの数をチェックして、重量当たりに対して少ない数の商品を選ぶようにしましょう。

安さだけに飛びつかない!

毛蟹 毛ガニ

安くていいカニが手に入ればそれに越したことはありませんが、実際には世の中それほど甘いものではありません。

安いからといって、それだけでカニ通販サイトを選ぶのは間違いです。通販は安いといっても、カニはある程度の値段がするものです。

しっかりとその認識もって、安さだけをウリにした常識はずれの価格で販売されているカニには飛びつかないようにしましょう。

訳ありカニはやっぱり訳あり!?

北海道網走水産

訳ありガニで安さをアピールしているサイトもありますが、訳ありはおすすめできないのが正直なところです。

同じ素材で作ったクッキーの切れ端じゃないんですし、あまりに安いと粗悪品のカニが送られてくるというリスクがあります。

訳ありで失敗するよりも、品質に自信のあるカニで感動して下さい!

口コミをチェックしよう!

口コミは実際に通販でカニを購入した方の率直な感想なのでとても参考になります。

当然ながら味覚や感想は人それぞれなので全てを鵜呑みにしていいわけではありませんが、悪い口コミもあるサイトなら信頼性は高いと思います。

全てのレビュアーが高評価というのはそうあることではありません。

口コミのチェックでは、商品内容について書かれてあるレビューを読んでみると販売されているカニについて理解できます。

購入前にはぜひチェックしてみてください。

カニ通販の口コミランキングTOP5

当サイト一押しの信頼できるカニネット通販サイトをランキング形式でご紹介しています。どれもほとんど差がない優良サイトばかりです。安心してご注文下さい!

かにまみれ

通販業界初の「4特ランク」のカニが勢揃い!

業界最高水準「4特ランク」の道産毛がには通販業界初!!わけあり商品の多い世の中で、正直一筋をモットーに自信をもっておすすめできる通販サイトです。

お歳暮やギフトなど、本物だからこそ大切な人への贈り物に最適です。もちろんご自宅用として、お正月や特別な日にご家族そろってのちょっとした贅沢におすすめです!

安かろう悪かろう不味かろうのワケアリで、がっかりするよりも、「全品訳なし専門店」かにまみれでたまにの贅沢を思いっきり楽しんでください。

 

かに本舗

顧客満足度94%の人気のカニ通販ショップ

かに本舗の生ズワイガニは、『顧客満足度94%』の大人気商品。

このお店では、常識はずれなくらいカニの量が多いのに、どれもお買い得なお値段のラインナップとなっているのが特徴です。

そのため、年末年始にご家族が集まったり人が集まるシーンでの利用にはとっても重宝できるカニのセットです。

実績もあるお店で、Eストアネットショップ大賞9年連続1位を獲得していることもあり、顧客満足度94.7%の信頼できるショップです。

期待を裏切らないカニで満足してください。

 

北釧水産



旬の逸品を直送!かにと言えば北釧水産

北釧水産(ほくせんすいさん)は、北海道の釧路から「かに」「うに」「いくら」といった旬の逸品を直送する「かにと言えば北釧水産」というくらい有名なショップです。

蟹の大卸しを行なうなど、いわゆる蟹のプロとして、鮮度と品質だけでなく身入れから茹で加減までもこだわりを持って販売しています。

リピート率は80%~90%と高水準!カニ以外でも無添加のいくらやうに加え生産者のこだわり商品など、他のショップでは決して買う事ができません。

お取り寄せをするに値する商品ばかりです。

 

北国からの贈り物



楽天ショップオブ・ザ・イヤー受賞歴あり!

北国からの贈り物は、楽天ショップ・オブ・ザ・イヤ─を5年連続受賞している人気のショップで、その他にも受賞歴多数の間違いのないカニ専門店です。

カニに関してはどこのお店にも負けないという自信ありのショップ内には、カニ以外にも北海道を中心とした旬のグルメがたくさん取り揃えてあります。

北海道ラーメンなどのご当地グルメをはじめ、多数のうまいものがラインナップしているので、カニ以外のお買い物も楽しめます!

 

マルゲン後藤水産



通販業界10年以上の実績!

マルゲン後藤水産のモットーは、北海道から新物を迅速発送!

かに通販専門なので、たらばがに・ズワイガニ・毛蟹はもちろん、ほたてやその他の海産物などの新鮮な海の幸や北海道ならではの特産品・農産品をお届けしています。

通販業界10年以上の実績もあり、顧客信頼度も十分!また、北海道漁連に加盟し、衛生面にも真面目に取組んでいます。

日々「新鮮であること」「安全であること」「ごまかしのないこと」「おいしいこと」「価格が適正」を経営理念を守る真面目なショップです。

 

美味しいカニの食べ方は?

冬の味覚の王様はカニで決まり!あのプリプリとした白い身を食べるときの恍惚感はたまりません。うちの家族もみんなカニが大好きです!

ここでは、そんなカニをより美味しく食べるための食べ方を解説しています。

カニの美味しい解凍方法

通販で購入したカニは、ほとんどが冷凍されています。そのため、せっかく購入した美味しいカニも、解凍方法を間違うと台無しになってしまいます。

美味しいカニを美味しいままに食べるためには、解凍方法にちょっとしたコツがあります。上手な解凍方法なども順番に解説していますので、ぜひ参考にされてください!

カニは低温解凍がおすすめ!

カニ 解凍

カニを解凍するときにやってはいけないのが常温での解凍です。なぜなら、常温で解凍すると急速に解凍が進むからです。

解凍が早いと、カニの美味しさや旨味が溶け始めた氷と一緒に流れ出てしまいます。そのため、カニの旨味を逃さないように冷蔵庫の中でゆっくりと解凍していくのがおすすめです。

大きさ、部位ごとの解凍の目安時間は以下の通りです。

? タラバガニの脚:約24時間
? 毛ガニ:約24時間
? ズワイガニ姿:約18時間
? ズワイガニの脚:約12時間

解凍するまでには時間がかかるので、前日から時間をかけて冷蔵庫でゆっくりと低温解凍していきましょう。

冷蔵庫で解凍するときに気を付けたいポイント

かに 解凍

カニの旨味を逃さないためにも、冷蔵庫でゆっくり解凍する必要がありますが、その際に気を付けたいのがカニの乾燥です。

冷蔵庫の中は思った以上に乾燥しています。その乾燥を防ぐためにも、新聞紙やキッチンペーパーでカニを包んでから解凍しましょう。

そうしてから、水切りパットの上に乗せて全体をビニール袋に入れれば、溶けた氷の水が冷蔵庫の中に漏れる心配もなくなります。

なお、解凍中に新聞紙が濡れることがあっても、旨味成分ではなく氷が溶けているだけなので大丈夫です。

また、甲羅付きのカニを解凍する場合は、甲羅を上向きにして解凍しましょう。そうすることで、カニ味噌が流れ出るのを防ぐことができます。

最後になりますが、食べきれなかったからと言って一度解凍したカニを再冷凍するのはNGです。全部美味しく食べるためにも、食べる分だけ解凍してください!

ゆっくり解凍している時間がない時はどうする?

かに 解凍

カニの解凍には時間がかかりますが、急にカニを食べることになったら冷蔵庫でゆっくりと低温解凍なんてしてられないですよね。

そんな時は、水道の流水を当てて解凍してみましょう。

なお、直接水道水を当ててはいけません。ビニール袋にカニを入れてから流水に当てるようにしましょう。

どれだけ時間がなくても、一番やってはいけないのがレンジでの解凍です。電子レンジで解凍したカニは、味も風味も損なわれるのでまずくなってしまいます。

カニを解体する方法

ここでは、カニの解体について解説していきます。

カニの解体は、まずは姿カニを甲羅部分と脚部分に切り離します。そして、甲羅部分をはがします。また、カニの身の取り出しとは、カニ脚から身を取り出すことを言います。

カニの解体に必要なもの
  • キッチンばさみor包丁
  • 軍手
  • 新聞紙

素手で解体するとカニのトゲが刺さるので、痛いしとっても危険です。カニを解体するときは、軍手をはめて作業してください。

カニ解体の流れ

カニ 解体

カニの構造は、基本的にどの種類のカニでも同じです。この方法で解体すれば、どのカニでもきれいに解体できますよ。

カニの解体方法
  1. カニの脚と胴体を切り離そう!
  2. まずはカニの腹を上にします。そして、殻の柔らかい関節部分にハサミを入れて切り離します。

  3. カニのフンドシを外しましょう!
  4. フンドシは地方によっては前かけと呼んだりしますが、カニの腹部分の三角形になっているところです。

    外し方は簡単で、親指を入れるだけですぐに取り外せます。

  5. カニの甲羅を外そう!
  6. フンドシを外したら甲羅の付け根に穴が空きます。そこに親指を入れて甲羅を外してください。

    その際に、甲羅を下に向けてカニみそが流れ出ないように注意してください!

  7. カニみそを甲羅に移動!
  8. この時点でカニみそが胴体に残っているので、甲羅の方に移動させます。なお、甲羅の内側の白い薄皮は食べられるので取る必要はありません。

  9. カニのエラを取り除く!
  10. カニの胴体には、グレーがかったひらひらしたものがあります。これがカニのエラですが、これは食べることができないので取り外してください。

カニ脚の身の取り出し方

カニ足

カニ料理専門店などでは、お皿にきれいに盛りつけされてますが、自宅ではそんな必要もありません。そのため、ここでは簡単に食べやすい方法を解説していきます。

1.関節で外し、2つに分けよう!
関節部分で2つに切り離すと殻がむきやすくなります。関節に柔らかい部分があるので、そこを見つけると簡単に切り離せます。

2.脚の殻に切れ目を入れよう!
脚の下の部分からハサミで切れ目を入れます。反対側と、二つに切り分けた細いカニ脚の方も同様に切れ目を入れます。

3.脚の殻を外そう!
2でハサミを入れた部分から殻を外していきましょう。うまく外せないときは、ハサミをもう一度入れるてください。

これできれいに殻が外れるので、美味しいカニが食べられます。

カニの胴体部分の身の取り外し方

カニ 解体

1.ハサミを使って、腹の中心で横半分に切り分けます。カニの甲羅は固くて安定しないので、包丁よりもハサミの方がやりやすいですよ。

一度に切ってしまわなくて、少しずつ切っていくとうまくいきます。

2.胴体が2つに切れたら、今度は縦半分に切り分けます。これで胴全体が4つに切り分けられます。

こうすることで、カニの胴部分の身が取り出しやすくなります。

カニは美味しいですが、この解体作業がちょっと面倒で、上手にカニ身を取り出せないという方も多いかもしれません。

けれど、ここで解説したカニの解体5ステップ・脚の身の取り出し3ステップ・胴体の身の取り出し2ステップをマスターするだけで、簡単きれいにカニの身を取り出せます。

ぜひマスターしていただいて、美味しいカニをたくさん食べてください!

人気のカニの種類とは?

カニは冬の味覚の王様だけあって、冬ともなると新聞やネットはカニ通販の広告でいっぱいです。そして、どのカニもほんとにおいしそうですよね。

けれど、カニと一口に言ってもいろんな種類があります。そして、それぞれで旬の時期・味わい・値段などが違います。

そのため、お好みや使いみちに合わせて、ピッタリのカニを選ぶのが失敗のないカニの選び方です。

ここでは、通販で人気のあるズワイガニ・タラバガニ・毛ガニ・花咲ガニについて、それぞれの特徴や旬の時期について解説していきます。

ぜひカニ選びの参考にしていただいて、おいしいカニで舌鼓を打ちながら幸福感を体験してくださいね。

ズワイガニ

ズワイガニは、本ズワイガニ・大ズワイガニ・ベニズワイガニに分けられます。それぞれの特徴は以下の通りです。

本ズワイガニ

ギッシリと身が詰まった細くて長い脚には上品な甘みがあり、濃厚なカニみそがおいしいのが特徴です。カニしゃぶにぴったりで、まさにカニ本来の味を楽しめるカニです!

大ズワイガニ

本ズワイカニと比べて甘さは控えめで、身が硬いのが特徴です。ほとんどがロシア産ですが、大きさによっては本ズワイガニ以上のお値段になることもあります。

カニしゃぶで食べるのがおすすめです。

ベニズワイガニ

日本海やロシアで水揚げされるカニで、加熱すると身が縮みます。しっかりと身が詰まったものは、本ズワイガニや大ズワイガニよりも美味しいと評判のカニです。

ズワイガニの特徴は?

ズワイガニは、10本の長い脚が特徴のカニです。甲羅サイズが15㎝もあるオスなら、脚を伸ばすと70㎝ほどになる大きなカニです。

それに比べてメスは、短期間の間に産卵を繰り返すため、途中で成長が止まってオスの半分ぐらいの大きさしかありません。

そのため、市場に出回っているズワイガニのほとんどはオスのズワイガニです。

このオスのズワイガニは、獲れる地域などで呼び方が違っていて、越前ガニや松葉ガニというようなテレビでもおなじみのビッグネームで呼ばれます。

メスの方は、メガニやオヤガニなどと呼ばれています。

生息地域は、日本海・北太平洋・オホーツク海などの深海に生息してします。

日本海で漁獲量が多いのは、北海道と兵庫県です。そのため、冬になると北海道や城崎温泉などは、美味しいカニを求めた多くの観光客で一杯になります。

ズワイガニの旬は?

北海道:4~5月
島根 :11~1月

カニと言えば冬の味覚ですが、北海道ではオホーツク海の流氷が解ける4~5月の春がズワイガニのベストシーズンです。

なぜなら、北海道のズワイガニの漁獲量はオホーツク海の環境に左右されるからです。冬の間は流氷に閉ざされるので、実質的にカニ漁は難しくなります。

氷が解け始める3~4月ごろからカニ漁が始まるので、北海道で獲れるズワイガニの旬は、冬ではなく春になるわけです。

この頃から徐々に漁獲量が増えていくので、一番美味しいカニをリーズナブルなお値段でに手に入れることができます。

なお、島根県もズワイガニの漁獲量が多いところですが、北海道とは違って11月から1月頃がズワイガニやベニズワイガニの旬になります。

ただし、北海道に比べると漁獲高は格段に少ないので、繊細な味わいが特徴の山陰名物「松葉ガニ」を購入するなら早めの予約がおすすめです。

ズワイガニの価格は?

日本で最も流通量の多いズワイガニは、相場も安定していて、1㎏5,000~8,000円ぐらいで取引されます。

通販サイトの価格が魅力的なのは、流通経費が削減できるので1㎏3,000~6000円とお安く提供されるからなんですね。

ただし、通販サイトでカニを購入するなら信頼できるショップを選ぶ必要があります。

当サイト一押しのカニ専門店「かにまみれ」←一押しの業者名に置き換えてAFリンクなら、選りすぐりのカニだけを扱っているので安心です。

カニの鮮度や味はもちろんのこと、贈答用としてもきちんとした包装してくれるので、年末のご挨拶としても安心して贈ることができます。

カニ中のカニとも言える高級ズワイガニが、リーズナブルに買い求めることができるのはうれしいですよね。

大きさは〇g~〇㎏まで色々と揃っていて、〇gのカニでも身がぎっしり詰まっているので、どれをとっても納得できます。

※AFリンク

タラバガニ

その大きさから「カニの王様」とも呼ばれるタラバガニですが、生物学的にはカニの仲間ではなくヤドカリの仲間なんです。

タラバガニの甲羅は、一部が尖って五角形のような形が特徴の丸みを帯びた甲羅で、大きさは25㎝ほどです。脚も長く、脚を広げると1mを超えるものもあります。

身体全体が小さな突起で覆われていますが、茹でたらきれいな赤色に変わるのはよく目にする光景です。

見た目が華やかなので、茹でたものを売っていることが多く、ビジュアルとしても祝いの席にふさわしいため、年末年始のお料理にぴったりで重用されます。

このタラバガニですが、横歩きだけでなっく縦にも動けるのも面白いところです。そんなタラバガニの生息地は北太平洋や北極海で、日本近海では日本海やオホーツク海で獲れます。

しかしながら、近年は乱獲が原因で漁獲量が激減してしまい、タラバガニの姿を見かけることも少なくなりました。

部位によって食感が違うタラバガニ

脚:あっさりして歯ごたえは硬めでです。カニを食べたという満足感があるのがこの脚です。
親爪:右側の大きなハサミの部分で、身の締まり具合は最高です。
フルシェイプ:8本ある脚のうち左右いずれかの4本1セットのこと。太い脚から細い脚まで揃っています。

※業者によってはフルシェイプではなく、寄せ集めた脚のセットを販売しているので注意してください。

※カニみそはカニを食べる時の醍醐味ですが、基本的にタラバガニのカニみそは食べません。

タラバガニの旬は?

タラバガニの旬は、春と秋から冬にかけての2つありますが、風味を楽しめるのは春のタラバガニです。

春のタラバガニはカニ本来の風味が増してくるので、カニらしい美味しさとタラバガニならではのうまさがベストマッチしてなんとも言えない美味しさがあります。

なお、北海道のタラバガニはそれぞれの季節で味が違うのが特徴で、身が詰まって美味しいのは秋から冬にかけてです。

そのため、がっつりと食べ応えを楽しみたいのなら秋冬シーズンがおすすめです。

タラバガニの価格は?

タラバガニの漁獲量は年々減少傾向にあるため、価格は上昇傾向です。重さによって値段が異なりますが、だいたい〇円~〇円ぐらいとお考え下さい。

タラバガニの価格は条件によっていろいろと異なるので、この価格はあくまでも目安です。

お値段は張りますが、本物の美味しいタラバガニをお探しなら、北海道から直送の「かにまみれ」←一押しの業者名に置き換えてAFリンクが一押しです。

※AFリンク

毛ガニ

毛ガニは、その名の通り全身が剛毛で覆われていて、別名「オオクリガニ」とも呼ばれます。他のカニと比べると小ぶりで脚は太短いですが、甲羅が大きいのが特徴で、約12㎝ほどあります。

日本海・太平洋・アラスカ沿岸などの水深30~200mの海域に生息し、多くの港で水揚げされますが、漁獲が許可されているのは甲羅の大きさが8㎝以上のオスだけです。

そのため、売られている毛ガニは全部オスだけです。

北海道でも大人気の毛ガニですが、毛ガニと言えばカニみそというくらい美味いカニみそが魅力のカニです。

そのため、カニみそと美味しい脚を満喫しようと、脚だけでなく姿カニのまま購入する人が多いのもこのカニの特徴です。

小さな割には甲羅が大きく、その大きな甲羅の中に旨味が凝縮されたカニみそがたっぷり詰まっています。毛ガニファンが多いのは、その美味さを一度でも体験するとハマってしまうからです。

そんな毛ガニの選び方ですが、カニみそが飛び散っている可能性が高いので、甲羅が黒く変色しているものは避けましょう。

甲羅の色が濃くて美しい毛ガニを選ぶようにしてください。カニみそを堪能できる甲羅焼きで、最高の毛ガニを味わってみて下さい!

毛ガニの旬は?

毛ガニのベストシーズンは12~2月です。北海道で出回るのは春先からですが、東北地方では年末から初春までがベストです。

毛ガニの価格は?

店舗での毛ガニは、1kgが5,000~7,000円程度ですが、通販サイトなら4,000~7,000円ぐらいが平均的な価格です。

年末年始にカニを楽しみむなら、小ぶりのカニでは少々物足りなく感じるかもしれません。そんなときは、タラバガニやズワイガニとのセットもおすすめです。

美味しい毛ガニなら、北海道直送の「かにまみれ」←一押しの業者名に置き換えてAFリンクが一押しです。

浜茹で毛ガニ姿がとびきり美味いですが、カニ身とカニみそをあわせてぬる燗を注いだ甲羅酒も絶品です。

かにまみれでは、〇g~〇㎏からチョイスできますが、カニみそを楽しみたいなら400g前後がおすすめです。

※AFリンク

花咲ガニ

花咲ガニはタラバガニの一種なので、ヤドカリの仲間です。比較的水深の浅いところに生息しています。最も深いところでも、300m前後です。

全身がとげに覆われているのはタラバガニ同じで、加熱するときれいな赤になって花が咲いたように華やかになります。

そのため、お正月やめでたい席にピッタリのカニとして人気があります。

生息地域が狭く、主な漁場はベーリング海やオホーツク海ですが、日本での主な漁場は北海道です。

花咲ガニは、カニ身を味わいたければオスがおすすめと言われています。

身が厚く短くて太い脚には油分が多く含まれていて、その味わいは濃厚なロブスターによく例えられます。

メスの卵がとても美味しいことから、卵好きにはメスが人気です。

見た目が華やかな花咲ガニは、家族で楽しむのもいいですし、お歳暮に贈るととても喜ばれるカニです。

焼きガニ・カニすきなどのなべ料理だけでなく、脚入り味噌汁もとってもおすすめです!

花咲ガニの旬は?

一般的に冬が旬のカニですが、花咲蟹の旬は、4~9月ですが、子持ちの季節は、5~7月が旬になります。

4月~9月の北海道は花咲ガニのベストシーズンなので、カニ目的の観光客も多くなります。

流通の少ない花咲ガニなので、本場北海道で楽しむ思う存分満喫してください!

花咲ガニの価格は?

漁獲量に制限がある花咲ガニは「幻のカニ」とも言われ、北海道産以外での流通がほとんどありません。

そのため特に珍重されているカニなんですが、それでいてお値段は、3,000~7,000円と手が届く範囲です。

オスの身は本当に美味いので、ぜひ一度試してみることをおすすめします!

美味い花咲ガニなら、当サイト一押しの北海道直送「かにまみれ」がおすすめです!←一押しの業者名に置き換えてAFリンクです。

一般的に流通しているものの小さいサイズは、〇gからですが、「かにまみれ」←一押しの業者名に置き換えてAFリンクでは、大振りの花咲ガニを提供しています。

※AFリンク

カニを買うならネット通販が安くて便利!

カニはやっぱりネット通販がお得です。扱う個数が多いので、近所のスーパーよりも格段にお安く手に入ります。

また、私のようにカニの水揚げがない地域に住んでいては、通販以外で生のカニを手に入れることはまずできません。

間違いのない業者さんから購入するカニは、通販ならではのお値段で美味しいカニを手に入れることができます。

カニを買うなら、やっぱりネット通販がお得でおすすめです!

カニ通販を利用するメリット

価格がリーズナブル

バナー

ネット通販でカニを購入するメリットは、何といってもそのお値段の安さです。

冬の味覚の王様だけあって、カニといったら一昔前まではとても高価な買い物だったので、なかなか口に入らない高嶺の花でした。

それがネット通販だと、スーパーや魚屋さんで買うよりもかなりお安くカニを購入できます。

安いと品質を疑ってしまいがちですがそうではありません。お値段が安いのには理由があって、通販業者のほとんどが大量一括購入でコストを抑えているから。

さらにはネット通販なので人件費も抑えられるため、よりリーズナブルな価格でカニを入手できるようになったわけなんです。

安定・安心の高品質なカニ

バナー

いくら安いからといっても、当サイトでご紹介しているネット通販のカニは安心の高品質です。

安かろう悪かろうの品質の悪いカニであれば、口コミですぐに広まるこの時代なので当然ながら人気なんか出るはずもありません。

また、ネット通販と同時に有名旅館や料亭をはじめ、レストランなどにもカニを卸しているため、ネット通販の業者といえど品質ではどこにも引けを取りません。

安くても品質のいいカニが手に入るのが、ネット通販の人気の秘密なんですね。

お手軽に購入できる!

バナー

カニのネット通販の魅力は、PCやスマホなどのネット環境さえあればお手軽に注文して購入できるところです。

わざわざ買いに行ってカニを選ぶような手間をかけなくても、好きな時に注文すればプロが選別した良質なカニが自宅まで届けられるので、年末の忙しい時期にはとっても大助かりです。

ちょっとした時に家族で楽しく選びながら注文すれば、あとは商品が届くのを待つだけというこのお手軽さも、ネット通販のカニが人気の理由です。

カニ通販まとめ

カニ好きにとって、おいしいカニが食べられる冬はとても待ち遠しいものです。近頃はネット通販が普及したので、わざわざ北海道や山陰などに食べに行く必要もありません。

カニのお取り寄せをすれば、自宅にいながらリーズナブルにおいしいカニを満喫できます。

そのため、カニ通販を利用する際に気をつけたいことやそのメリットについてまとめました。利用する前にしっかりと目を通してもらって、カニ通販の参考にしてください。

おすすめの記事