プラセンタ 自律神経 効果

十分に睡眠時間をとっているのに、朝起きるのがつらい・しっかり目が覚めず体が動かない・まだまだ眠りたいなど、朝はつらいことが多いですよね。

「朝起きられない」原因は個人によりそれぞれですが、1日に6~7時間程度の睡眠を取っていても同じ状況が続く場合には「自立神経の乱れ」などの可能性を考えてみましょう。

プラセンタには新陳代謝を促す作用があり、日々の眠りを「体のリセット」のチャンスに変えてくれます。

その日その日の疲労を翌日に持ち越さないことが、良い目覚めへの近道なのです。

また、プラセンタには自律神経の乱れを整えてくれる効果も期待できるので、眠りや覚醒の切り替えの手助けしてくれます。

そのため、睡眠を取る時間帯が不規則な方や、毎日の睡眠時間が十分でない方にとっても強い味方になってくれるのです。

体から疲れから回復し切れない睡眠ではなく、短時間でもしっかりと疲れが取れる質の良い眠りのために、プラセンタを有効活用しましょう。

また、プラセンタは血圧の調整もしてくれますので「低血圧のために朝起きられない」という方にも十分効果があります。

逆に、高血圧の場合には血圧を落ちつかせてくれますので、高血圧の方がプラセンタを摂取しても一切問題はありません。

おすすめの記事