しわ 対策

「しわ」はアンチエイジングの大敵。目元や口元など、一度できてしまったらもう後戻りできないとあきらめがちですが、そう全てを悲観することはありません。

まずはご自分のしわをよくご覧になってください。

そうすると肌の表面上にあるだけの細かくて浅いしわと、肌の奥深くの真皮にまで至る肌に亀裂が入ったような深いしわの2つのしわがあるのが分かると思います。

細かいしわの方は自分でケアすることで消していくのも可能ですが、真皮にまで入り込んだ深いしわの方は自分でケアしても回復するのは難しいでしょう。

そうなると医療の力を借りるしかありません。けれど、浅いしわを消していくだけでも見た目は断然違ってきます。

まずはできるとこから「お肌のしわ消しアンチエイジング」を始めてみましょう。

それでは、それぞれのしわを見分けるための方法です。別に難しいことはなく、自分でしわを広げてみることで簡単に区別ができます。

まずしわを自分の指で開いてみて、指を離してすぐにしわが消えれば表面上だけのしわです。20代や30代であれば、表面上だけの浅いしわがほとんどでしょう。

反対に、なかなかしわが消えなければ真皮まで至った深いしわです。

このしわを消していく方法ですが、それにはマッサージがとても有効です。しかしながら、肌表面からのマッサージだけではなく体の内側からのケアも大切にしてください。

アンチエイジングのポイントは、ケアに加えて規則正しい食生活をしていくことです。

食事では、緑黄色野菜や果物や動物性のたんぱく質などをバランスよく取り入れることが若々しさを保つためには重要です。

それ以外にも、豆腐や豆などから美肌効果のある大豆イソフラボンを取り入れてみるのもおすすめです。

また、ザクロからは女性ホルモンに似た成分のエストロゲンを摂取することもできます。

これらの栄養成分を体に取り込むことで、若々しい弾力のある肌ができあがってしわができにくい肌になっていくことでしょう。

最後に、お肌のケアで大切な事は、肌を乾燥させないように常に保湿に気をつけることです。

洗顔で汚れを落としたら、肌を潤して乾燥させないようにする。これが肌ケアのポイントになります。

HANURSINBIHANノースブルーエッセンス
おすすめの記事